審美歯科で白い歯にできるわけ

審美歯科で白い歯にできるわけ

治療済みの歯や神経を抜いた歯はホワイトニングをしても白くできません。


となると諦めるしかないのでしょうか。


そんなことはありません。

保険外の治療も選択肢に入れることで、白くきれいに歯にできるのです。


治療済みの歯を白くしたいなら審美歯科に相談するといいでしょう。
一般歯科でも保険外の治療をしてくれるところが多いですが、専門が保険内の治療なので思ったような仕上がりにならないことがあります。

それなら最初から治療になれている、審美歯科専門のクリニックに任せた方がいいでしょう。

審美歯科は美しくすることが目的なので健康保険が使えません。



銀歯を白い歯にするには少なくとも5万円ほどはかかると言われています。

高くて無理と諦めることはありません。
デンタルローンを使えば、月々無理のない支払も可能です。

渋谷の審美歯科は絶大な支持を受けています。

銀歯を白くするのは基本的にセラミッククラウンになります。


これは歯科用の陶器を使ったクラウンのことです。

とても丈夫、しかも見た目が自分の歯と同じという反面、万が一再治療となった際に壊すのが非常に困難というデメリットもあります。

ただ、保険内の治療とは使う材料が違うので、そもそも虫歯になりにくいというメリットもあります。

教えて!gooに関する情報が満載のサイトです。

もちろん、だからと言ってお手入れをしなくていいわけではありません。

高い値段で手に入れた白い歯を維持するには、正しいブラッシングなどのセルフケアと定期的なプロによるメンテナンスが必要であることは、忘れないことです。


Copyright (C) 2015 審美歯科で白い歯にできるわけ All Rights Reserved.