乳歯の時期からこそ予防歯科!

乳歯の時期からこそ予防歯科!

予防歯科とは、虫歯になる前に歯科に通い、磨き残しの徹底除去等を行い、口腔内の健康を保つことです。


この予防歯科は、子供の乳歯の時期から行うことで様々な恩恵が受けられます。

「乳歯は抜けるのだから虫歯になっていても問題ないのでは?」と思っているお母さんも多いようです。

しかし乳歯は永久歯に比べて柔らかく、虫歯を発症するとあっという間に神経に到達します。

そのため、乳歯の虫歯は永久歯の質や歯並びに大きく影響し、また顎の発育にも悪影響を及ぼします。

また虫歯になってしまうと治療するよりほかありません。
突然痛い思いをしながら治療を受けると、子供は歯科嫌いになります。

こういった意味合いからも、健康な乳歯の時期から予防歯科に通うことが良いとされています。

予防歯科では、まず磨き残しをチェックします。

よく利用されているOKWave関連の情報をたくさん掲載しています。

この磨き残しが虫歯の原因になるからです。
磨き残しが多いところ等を確認し、歯磨きの指導も行います。


磨き残しの除去を行い、着色汚れなどがあれば専門機器で取り除き、フッ素を塗布します。

フッ素を塗布する事で、歯の再石灰化を促進し、虫歯になりにくい歯を作ります。

歯質の柔らかい乳歯の時期にフッ素を塗布する事は、特に有効であると言われています。このフッ素材はバナナ味やイチゴ味といった、子供に合わせた味になっています。



子供自身に「今日はどの味にする?」等という風に選ばせるのも楽しませる手段の一つになります。

幼いころから歯科に慣れておけば、もし虫歯になってしまったとしても抵抗なく治療に取り組めます。



そして定期的に口腔内検査してもらうことで、以上の早期発見になり治療も比較的簡単に済ませられます。

予防歯科は大人にも子供にもお勧めします。

Copyright (C) 2015 乳歯の時期からこそ予防歯科! All Rights Reserved.